2016年07月10日

関西トラックフェスタ岸和田

 行ってきました、岸和田競輪場!
 毎度、N山さん早朝からありがとうございました。


 今日の私の種目スケジュールは、@ハロン(200mFTT)、Aケイリン予選、Bスクラッチ、C1kmTT、Dケイリン決勝 です。
 太字のBCDが表彰に関係します。


 まずは、朝一の試走をして、初バンクの感触と体調を確かめておきます。
 関西CSCに比べると、路面が綺麗で嬉しいです。
 既に暑いのが気になりますが、脚の調子は悪くありません。
 それと、パワータップも、キャリブレーションしたら「524」と、なんとかギリギリ実用可能な精度はあることが確認できました。

@200mFTT。
 バンクの上から駆け下ろして十分速度を乗ったところからの、200mのタイムトライアルです。
 タイムは、12秒589。私が出たカテゴリR1ではトップです。
 下り始める前から十分加速できた点は良かったですが、下っている最中にモガききれなかった点は反省ですね。

Aケイリン予選
 2番手に陣取るも、ジャンがなってからの右からゾロゾロ上がってくる動きにより、行き場所を失ってしまいます。
 しょうがないので、脚を緩めて一度最後尾まで下がりました。3コーナー手前からもがいて大外から一気にまくってそのままゴール(1着)。


Bスクラッチ
 10周、4kmでした。距離も短いし体力的には余裕かと思いきや、、、
 まず、早い段階(3周目くらい)一人がアタックしたので、早速チェック。そのまま付いていって私も先頭交代した所で、別の一人が更にアタック。このアタックが強烈で、反応が遅れた事もあり、付くこともできませんでした。しばらく本気で追走するも差が全く縮まらないので、一旦諦めて集団に帰還します。この追走でかなり脚を消耗して、その後は呼吸も脚も苦しくなりました。
 結果的には集団に戻った選択は大正解だったのですが、一人逃げは強力で、集団とは1/3周ほどの大きな差ができ、逃げ切りの予感がプンプンする中盤となりました。
 集団は加減速・分裂合体があったものの、全員そろった状態で残り2周。
 ようやく、逃げの方がタレてきて、追い付けそうな匂いがしてきます。
 残り1周で集団後方からアタック、というかスプリントをして飛び出し、そのまま3コーナー〜4コーナーの途中で逃げの方をまくって、なんとか1着でゴール。
 しかし、レースを全くコントロールできず、持久力と回復力の衰えを感じました。インターバル練しないとですなー。

C1kmTT
 午前中は、曇り模様でしたが、午後からは日射しが出てきて、かなり暑くなりました。
 そんな中、日陰に避難したり、N山さんに首を冷やしていただいたりして身体を冷却しつつ待機してました。
 1kmTTは、@スタート、A加速(〜200m?)、B我慢(残り800m)の3部構成です。
 加速の段階でどれだけ速度をのせられるかが多分、一番大事だと思います。一度腰を下ろしたらその後は速度が上がることはまずありませんから。
 今日も、比較的ペース配分を意識しつつ、回すペダリングで粘ってみました。
 GarminのGPSによる速度計測は、バンクみたいな周回コースが苦手なんですが、参考ながらMax55km/h、ゴール時47km/hでした。
 スタート時のパワーは5秒1053Wとかそんなもんです。アテになりませんけどね?
 タイムは、1分15秒382。まぁ、練習不足の割には上々ではないでしょうか。
 巡航(B我慢)の時、頭を下げてエアロを意識したのが良かったのかもしれません。 
 皆で一斉に走る系の他の種目と異なり、中々順位が分からなかったのですが、結局、R1で一位でした。良かったです。


Dケイリン決勝
 予選2組の内それぞれ上位3名の、計6名での決勝です。
 抽選で1番(誰も先頭を取らない場合の先頭義務あり)を引いたK桐さんが先頭に出たくなさそうな素振り、というか思い切りアピール(笑)していたので、私が先頭を取ることにしました。
 周回の段階で、思ったよりも脚にセントラのダメージがなさそうだったので、先導解除(ジャン)と同時に600m逃げることにしました。
 ジャンがなって先導車が脇に逸れると同時に、もがいて加速して飛び出します。この時パワータップ曰くMax1400Wが出ていたらしいですが、どう考えてもスパイクしているかぶっ壊れてます。放置し過ぎたかー。
 ただ、ダンシングに移行する(腰を上げる)動作とスプリントの一踏み目を同時にできた、あの感触は無駄がなくて中々良かったと思います。
 後ろに着かれなかったので、後は回すペダリングで万が一追い付かれた時用にスプリントの脚を残しつつの高速巡航で、結局逃げ切り。



 というわけで、3種目全てで、1位をとる事ができました。
 色々運に助けられた所があるような気もしますが、何はともあれ素晴らしい結果です。
KIMG1820.JPG


 それではお疲れ様でした!

IMG_20160710_123455.jpg
前年度R1チャンピオン。最近はお忙しくて(´・ω・`)らしい。
レッドブルご馳走さまでした

 ではでは。






posted by みづゐ at 23:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ロードレースinグリーンピア三木【結果編】

 行ってきましたグリーンピア三木。

◇結果

・2周回 オープンの部:優勝
・7周回 オープンの部:DNF

 2周回の部、2周目の序盤の登りでキレの無いアタックをしたら決まったので、そのまま下りも独走して、逃げ切り。

 7周回の部、3周目の下りヘアピンコーナーでリアが滑って膨らんで柵に突っ込んで落車して、早々にDNF。
 ダメダメですね。


◇自転車はステアリングがズレただけで、外見上はおそらく無傷。前輪に振れすら無し。
 私の身体は、右肩に結構な打撲(表皮が少し破れて真っ赤か)、左右大腿やあご等に軽い打撲。私の自転車史上一番重い怪我じゃないかなコレ。とりあえず、上半身のウェイトはしばらく無理そうです。
 単独落車で他人を巻き込むことが無かった点については、不幸中の幸いと思います。


 転けた場面以外でも、コーナーで後輪が不意にズルっと滑る事が何度かあり、怖かったです。普段のようにタイヤの接地感がうまく感じられません。
 濡れた路面に落ち葉の組み合わせがヤバいとか、空気圧が高かったとか、リア加重できていないとかの要素もあるでしょうけど、つまるところは、コーナリング技術不足、ヘタクソ。先頭集団の他の人は普通に曲がれているだから曲がれないはず無いのに。

 登りに関しては斜度が緩いこともあり、ドラフティングに付いているとかなり余裕がありました。温存モードなら7周ぐらい問題無く付いて行けたでしょうし、アタック対応もある程度できたはず。
 早々に自爆したせいで、体感的にもTSS的にも普段の練習の方がしんどいくらい(;´Д`)不完全燃焼感がスゴいデス。


◇色々思うところがありますが、何はともあれ、
 お疲れ様でした。
 路面清掃して下さった運営の方々、一緒に走った皆様、ありがとうございました。



 ではでは。
posted by みづゐ at 17:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

ロードレースinグリーンピア三木【エントリ編】

◇グリーンピア三木とはりちゅうで迷った末、とりあえず直近で出られる方に出ようという事でエントリーしました。
 残る今年の出場レースは、当グリーンピア三木と12月の堺浜クリテの2つでほぼ確定です。

◇出場種目は、
 【2周回の部】と【7周回の部】(市民レーサーの部・オープン) です。

 3種目フルエントリーは、体力の懸念と財布事情から回避しました。


◇コンディションはそれなりに良好なものの、いかんせん体重がデヴゐので、登りで厳しい展開となる事が予想されます。
 無論目指すは勝利ですが、最低限何かしら次に繋がる収穫を得られると良いですね。

 それでは、出場する皆さん、当日はよろしくお願いいたしますm(._.)m


 ではでは。
posted by みづゐ at 20:11| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

冬のレース【検討編】

 私的メモ。
 多少なりとも可能性が存在するレースを列挙してみました。
 年内(11月〜12月)に1~2レース参戦できたら良いなぁーと夢見ています。
 ちなみにシクロクロスについては、諸事情により機材を用意できる可能性が消滅したので、見送り確定です。


◇平田クリテ 第11戦、第12戦
 日程:11/16(日)、12/21(日)
 主催:岐阜車連
 お馴染みですね。

◇サイクルロードレースinグリーンピア三木
 日程:11/29(土)
 2周回の部1500円、4周回2500円、7周回3500円(3種目エントリー1000円引)
 1周:4.85km
 主催:龍野マウンテンバイク協会
 アップダウンコース。パンクした思い出しかありません笑

◇関西クリテリウム大阪岬ステージ
 日程:12/7(日)
 主催:FABU
 参加費:3000円
 周回数不明。「大阪」の割に遠い。

◇堺浜クリテ トライアルレース
 日程:シリーズ戦:12/21(日)、1/17(土)、2/22(日)
 ロードレース2000円、エンデューロ3000円(Wエントリー1000円引)
 主催:チャレンジリーグ14
 自走で行ける点と安めのエントリフィーがGood。


 ではでは。

posted by みづゐ at 20:21| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

平田クリテ第9戦【結果・レポート編】

 C1:2位

ちゃんとリザルト確認したわけではありませんが、観戦していたNさんによると2位らしいです。
 消耗して、逃げ集団の状況把握すら満足に出来ておらず、『勝負』に全く参加できていない、惜しくもない2位ですが、
 当初予定していた方針通り走ろうとして、裏目った所を、ラストラップで火事場の馬鹿力で追いついてーロングスプリントしてー、と、やれることはやった、出し尽くした満足感はあります。
 レース内容・展開的には全くお話になりませんが、なにはともあれ、雲の上だと思っていた最上位カテゴリで2位という結果が出せたこと自体は上出来過ぎです。


◇序盤からの逃げ集団(ちょっとずつブリッジして増えて計5人)が、その気になったらすぐ捕まえられそうな距離感(中盤で15秒前後)なのに、思うように差がつまらず、結局捕まえられないまま約6秒差で、最終周に突入。
 そのまま集団待機していてももはやどうしようもないので、バックストレートもがいて単独でブリッジに成功。後からさらに2人追加で、計7人の小集団でホームストレートへ。
 残り300mチョイから死ぬ気でスプリントして、小集団のトップを獲りました。
 さて、当初逃げ集団は5人いたはずなのに、ラストラップに3人合流して、7人。
 1人はどこに? 
 残り2周3周?くらいで独りアタックして、逃げ切ったそうです。
 私は、逃げ集団から更に独り飛び出したこの優勝者の存在に気付いていませんでした。(だから、ゴールした瞬間、優勝?!と勘違いしたりw 割とすぐに違うと気付きましたが) 他の方はもう2位争いのスプリントと分かっていたので、そこまで必死ではなかっという訳ですね。


◇パワーデータとレポートはまた後日記事にするつもりですが、レース全体43分の平均が260W、xPower278Wとかつてない高パワーでした。
 体感的なしんどさも、(しんどさの種類が違うので一概に比較できませんが、)脚が攣りまくったはりちゅうエンデューロ以来の強烈な苦しみでした。(草津も、心肺は相当苦しかったですが、精神的には余裕がありました)
 ラストラップでは、間違いなく限界突破して何か殻を破った感じです。


 お疲れ様でした。ありがとうございました。


追記:【レポート編】
↓↓↓↓↓
続きを読む
posted by みづゐ at 17:29| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

平田クリテ第9戦【エントリー編】

 C1です。7月のリベンジになります。

 草レースながらも、面子的にもレベル的にも紛うことなきトップカテゴリ。
 何気なくE1・JPTクラスが居ます。これまでなら絶対マーク!というレベルの選手が多くて対応できる気がしません。

 上のレベルで、手持ちの武器をいかに使い、何を学び取るか。

 脚力差は数日ではどうしようもありませんが、せめて気持ちだけは負けないように全力で頑張るつもりです。
 よろしくお願いします。


 ではでは。
posted by みづゐ at 23:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

舞洲クリテ14'秋【結果・レポート編】

 ■結果

 エキスパートクラス:2位


 ぬーん(~_~;) 悔しさ6割嬉しさ2割安堵1割(残りはどこに)。

 ラストラップバックストレートでアタックした方(3位)に便乗して2番手Kさん(優勝)、3番手私で最終コーナーをクリア。
 一人まくったもののKさんには全く届かず、0.3秒(4~5m)差でスプリント負け。

 道中、3人で本気逃げを打ったりもして、結構楽しく苦しく動けたと思います。
 もし脚を貯めていたところで、どのみちああいう形のスプリント勝負になればKさんには勝てなかった気がします。 
 もっとスプリント力鍛えないといけません。或いは、逃げ切るだけの独走力を。

 一緒に走った方々、応援して下さった方、毎度サポートのNさんありがとうございました。お疲れ様でした。



 ■レポート

 とりあえず、ラップデータをペタリ。

スクリーンショット (193).png
クリックで拡大 
 レポート、というか感想を。

 総じて、ペース変動が激しかった気がします。
 具体的に言うなら、Kさんがアタックすると皆一斉に追走してペースが急に上がります。それ以外は割とまったりした感じだったと思います。
 マッタリしている時集団に潜んでいると本当に楽(例えば序盤のLap1~4あたり)でしたが、ペースアップ時は加速がかかるのでどこにいてもそれなりに踏まされます。

 また、逃げを許容しない雰囲気がありました。
 Kさんへの対応は熾烈を極めましたが、それ以外の人が逃げても追走がシビアで、あえて泳がすという動きがほとんどなく、全然差が開かないまますぐに吸収されていた印象があります。
 春とは違って、集団は最後までひとかたまりで、集団の強さを感じる展開でした。

 実は私も、残り6周あたりでアタックに便乗して、逃げてみました。Lap20〜22ですかね。3周弱逃げていたと思います。
 1人合流して3人逃げの形になり、皆スキンスーツを着ており速そうな気がしたので、この3人逃げで勝負を賭けてみることにしました。
 かなり全力で踏んで、ローテを回していきます。Lap20の平均パワーはまさかの350W。そらシンドイわけだ。
 が、これだけ踏み倒しても、結局集団との差は全然広がらず(というか逃げ側が息切れした?)、あえなく吸収されてしまいました。この逃げのダメージは大きく、かなり呼吸が苦しくなりました。
 この逃げが潰れた時点で、ラストラップ勝負にかける事を決意しました。ラストラップまでになんとか回復しようと必死でした。

 結局、完全回復とはいきませんが、スプリントする脚程度は残せました。
 しかし、そもそも素のスプリント力で敵わないKさんに太刀打ちできるはずもなく――、上述の通りの結果になりました。
 ラストラップの一連の動き――、即ち、アタックに即座に対応した点、3番手でコーナーに突入した点、立ち上がりでドラフティングに着くことより気兼ねなくもがける自分のラインでスプリント開始した点、これらの判断にミスは無かったと思います。最善手かどうかは怪しいですが、ミスではないでしょう。敗因は、単純にスプリント力不足。60km/h出せる脚があればまくれていたハズ。
 加えて、ラストラップに至るまでの過程にミスがあったのでしょう。脚の温存という意味では、全然ダメでしたから。

 逃げ切りを目指した点は、ミスとは言いたくありません。
 集団の雰囲気からして、終盤での逃げが易々見逃される訳も無く、無理筋だというのは薄々感じてました。
 それでもスプリント戦に勝機を見出せない以上、逃げに賭けるのは当然取るべきリスクです。

 道中、ちょっとした集団のポジションの上げ下げ等の動きに無駄が多かった点は、反省すべきだと思います。
 一言で言うなら、へたくそでした。序盤に急な斜行で前輪ハスられてから、ちょっと浮き足だって冷静さを欠いていた節があったかもしれません。
 中盤にかけて、位置取りと動きが悪く、無駄牽きする羽目になったケースが何度かあったと思います。
 脚を使うなら使うで、その理由・意図が説明できるような使い方をすべし。という信条から全くかけ離れた走り方です。

DSCF4262.JPG
3人逃げ 写真有り難うございますm( ・∀・)m


 ではでは。
posted by みづゐ at 20:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

トラックフェスタ9月大津

◇起床時体重は64.8kg。
 減ってーら(゜▽゜;)?!


◇毎度Nさんに拾って頂いて大津びわこ競輪場へ。ありがとうございました。
 さて大津は初体験の「500m」バンクです。
 カントが緩やかなのと、4コーナーからゴールまでのラストストレートがやたら長いのが特徴です。それに応じて、作戦の優位性も変わってくるようです。


◇試走
 アップジェルと日焼け止めを塗り、5分だけローラーで脚を動かしてから、バンク試走を25分。
 途中少し踏んで、
 5分、324W、101rpm
 メーター見ずに走っていたら、思ったよりかなり高いパワーが出ました。体感で好調さは感じませんが、この数字を見る限り不調ではなさそうです。


◇今日の種目は「ケイリン」「エリミネーション」「ポイントレース」。エリミとポイントレースは初めてです。
 エリミネーションは毎周回最後尾の人が失格になっていき、最後の一人になるまで走り続けます。サバイバル。
 ポイントレースは規定のポイント周回の着順に応じてポイントを獲得していき、合計ポイントを競う種目ですね。一応草津でも経験済みかな。


#1ケイリン予選
 予選と言いつつ、R1の出場者が6名しかいなかったため、全員決勝進出です。
 練習がてら、3番手辺りで脚を貯めつつ「まくり」のスプリントを試してみます。このまくり作戦がラストストレートの長さにハマって、無事1着。
 ラストストレートが長い分、普段より重めのギア比で終速の伸びを狙ってみました。
 また、今日一日を通じて、スプリントフォームで頭を下げる事を強く意識しました。パワーは二の次三の次(元々実戦では気にしませんが)。


#2エリミネーション
 R1・R2・R3混走で、計11名の出走でした。11人なので計10周ですかね。
 エントリー人数が少ないからしょうがありませんが、さすがに実力差がアレでした。
 エリミ楽しいですよ! 皆エントリーしよう!(ステマ)

 さて、序盤中盤は手を抜いていても脚切りに合う心配は少ないので、無駄な力を使いすぎないように。
 ――のはずが、中盤あたりから先頭牽く頻度がかなり増えていた気がします。それでもゴール前全力でもがかずに済んでいたので、割と余裕あります。人数が減ってからは、後方をしっかり確認しながら軽くもがきました。
 残り2周(3人)で、スプリントした勢いを生かして、逃げに成功。ラストラップは独走状態で、競らずに勝利。


#3ケイリン決勝
 皆さん予選より気合いが入っている感じ?
 周回では2番手を確保。
 残り1周チョイでジャンが鳴ると同時に、カント上部からOさんとNさんが駆け下ろしのかまし。直前に振り向いて確認していたので、冷静に対応することが出来ました。状況確認ってホント大事です。
 先頭が反応しないなら、カマシに飛び乗る構えでしたが、幸いにして先頭の方も加速し始めます。私はツキ位置でかなり楽できたと思います。
 ラストコーナー半ばでもがき始めて、まくって勝利。

 パターンとしては予選と同じです。もがき始めるタイミングを落ち着いて見極めることが出来たと思います。


#4ポイントレース
 再びR1・R2・R3混走。出走は、5名。16周で、4周ごとにポイント周回。
 他種目のリザルトに加えてK本さんから要警戒情報を得て、R1のNさんを徹底マークする方針で。

 序盤は、落ち着いたペースで綺麗にローテが回っていた印象です。
 さすがに1回目のポイント周回は皆さん脚がフレッシュなので、かなりハイペース。
 ケイリンと同じ流れで、3番手から4コーナーでもがき始めストレートでまくって1着。
 途中アタックもありましたが、この少人数で泳がすという選択肢はないので問答無用の反応追走です。
 後半は逃げたかったのですが、もがきがきついですし、先頭牽きも長いので回復する隙が作れませんでした。
 2回目も、まくりで1着。
 気がついたら、集団(?)は崩壊しており3人、2人と数を減らしていきました。
 3回目で1着を獲れば、勝利が確定するのでここが勝負所と心得て全力で。
 バックストレートでもがくもピッタリ着かれていたので、一度緩めて、3コーナー外側からまくりに来たところで再加速。外側併走させた上で、ストレートでもがいて逃げ切りました。
 4回目、ラストラップは、2コーナーでアタックするも不発。前を走る状態から何の工夫もなく加速したところで、勝算はありませんわな汗。反省点。脚を緩めたところでまくられ、追走しようとするも脚が動かず着いていくことすら出来ませんでした。2着。
 1-1-1-2着(計18P)で勝利。



◇エントリーした3種目すべてで表彰台の真ん中に立つことが出来ました。嬉しいです。
 リザルトにはメンバーの脚質や展開等種々の要素が複雑に絡んでいますが、まくり作戦がハマったのは大きな収穫です。
 これまで得意としていた「ロングスプリント(先行)」ではなくゴール前の「まくり」が選択肢に加わり、走りの幅が広がったように思います。

 新しいフォームや走り方・戦術を試すことができ、何度ももがくことができて、非常に有意義で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 ありがとうございました。お疲れ様でした。
10633587_708045132597592_7212300737209876967_o.jpg
ケイリン決勝ゴール前
思い切り頭下げているつもりで、こんなもん。

 そうそう、今日Specialized Sworks Vengeにほんのちょっと試し乗りさせていただき20km/h台の低速で流したのですが、異次元の進み方に衝撃を受けました。一体どのパーツがどう働いてあの転がりの軽さが生まれているのかは分かりませんが、同じロードバイクとは思えない進み方をしました。ぶっちゃけ、今までの試乗で一番感動しました。ハイエンドがハイエンドたる所以を垣間見せられましたね。


 ではでは。
posted by みづゐ at 21:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。